入社3年目、チームワークのためにすること

本投稿は、アプレッソ Advent Calendar 11日目の投稿です。

qiita.com

 

皆さん、こんにちは。

また今年もやってきました、アドベントカレンダーです。

そして私は對馬です。

 

さて、今年は何を書こうかな、と考えていましたが、考える時間もあれなので前回・前々回からの続きである「入社○年目の心構え」について書こうかなと思います。

まずは振り返りをば。

前々回:

qiita.com

前々回は私にとって最初のアドベントカレンダーでした。

今読むと文章がぶっ飛びすぎてて、我ながらとてつもなくアホみフレッシュさを感じますね。

ではなくて、内容について。要するに1年目は「実践と復習あるのみ」というまとめでした。

 

前回:

qiita.com

前回は2年目の話。ここでは「たくさんの人と交流して世界を広げよう!」という内容でした。

 

これまではこんな内容を書いてきました。

それでは本題の3年目の私についてここから書いていきたいと思います。

 

3年目

3年目。何事にも節目に例えられる年です。

石の上にも三年。とりあえず三年。三年目の浮気…。

 

ちょっと脱線しますが、「石の上にも三年」の文章について、ついこの間知ったこと。

本来は「石の上にも三年いれば暖まる」、冷たい石の上でも三年いれば暖まるという文章らしいですね。私はてっきり「石の上がどんなに固くて居心地が悪くても3年も居続けたらなじんでくる」というような「硬さ」についての話だと思っていました。まさか「温度」についてだったなんて…。

3年もいなくても30分くらいで感覚も麻痺してきそうなものですけどね。

 

**********************************

そんなこんなで私も3年目を終えようとしています。

3年の節目、というよりもいろんなことがあって3年目とか関係なく節目の年となってしまいました。(※このたび親会社に転籍となり、4月に引っ越しをし、さらに11月にオフィス自体が引っ越しになりました。)

 

そんな3年目に感じた大事なことはチームワーク

 

いきなりでしたが、3年目はチームワークに注目です。

というのも、2年目のときは「交流」をメインで活動しました。

社外などたくさんの方と交流するようになると、その分だけいろんな思考・働き方に触れます。そうなるとああしたい、こうしたいの願望、自分の中の理想が生まれてきます。

 

 

そんなとき、改善案を上手に提案できればよいのですが、いかんせん所詮3年目。そして加えて不器用な私ですから、ただ不平不満をぶつけただけになりました(実話)。実話とかとても恐怖ですね。【実録!本当にあった怖い話】です。冬ですけど。

 

 

伝え方が育っていない状態で訴えるのは非常に危険です!

3年目のテーマにもあるように、チームワークは大事です。会社はチームなのです!

不平不満を撒き散らすのは、和を乱すだけの行為になりかねません!紙一重なのです!

 

そんなチームワークを大事にするために、私はちょっと落ち着くことも必要だなと感じました。

 

 

そこで最後に感情をコントロールする技術をチェケラ!

 

実践したコントロール

メタ認知

今回、私はこれにお世話になりました。

メタ認知とは、認識を認識することです。はたから見ると今の自分はどううつるか、それを考えるとなかなかむやみやたらに騒ぎ立てることはできなくなりました。

 

◇音楽

感情をコントロールできます。

出社時には勢いのあるメタルを聴いています。退社時にはストレス発散のため激しいメタルを聴いています。

または、出社時に「今日も1日がんばるぞあ!」となるような電波ソング、退社時に何も考えなくていいけどなんとなく楽しくなれる電波ソングという組み合わせも◎

 

◇1/f ゆらぎ

これは大学の講義で習ったことです。声に出して読みたい日本語だと思います。

ざっくりと説明すると、規則正しくも不規則な「ゆらぎ」は心地よいと感じる、ということです。

 

アロマキャンドル

炎の揺れは1/fゆらぎです。その不規則なゆらぎはリラックス効果があるとされています。また好きな香りもともに楽しめます。個人的には蝋が溶ける様子を眺めるのもいとをかしです。

部屋を暗くしてぼーっとするとすべてから解放された気分になれます。※この状況を第三者目線で見るとかなり危ない図になります。

 

電車

電車の揺れも1/fゆらぎです。電車で眠くなるのがそれですね。

これから通勤時、揺れに身を任せてみると落ち着けるかもしれません。でも私は満員電車は苦手です。

 

 

あまりオフィスで実践できるものがありませんでしたが、私が実践しているのはだいたい以上です。

 

 

最後に

3年は長くも短かったです。惜しいことをした、とも思います。

それでもまだまだこれからの身なので、時間はかかるかもしれないですが模索しながら、来年の今頃には何か一つ晴れていればと思います。

 

灯台下暗し、実質のチームはなくとも全体としてのチームの一員であることを、忘れずにいたいです。

言葉について【基本面倒な人のための話】

ふと思い出したのでメモ。

なんでも「面倒」と言ってしまう私が最近気を付けていること。

 

私は基本何事も面倒、面倒第一、というくらい面倒なことはできるだけ避けていきたい人間です。面倒なことは嫌いだし、生きててだいたいのことが面倒に感じます。

 

というか私の語彙力の問題もあります。

何でもかんでも「面倒」と言ってしまいます。

気持ち的には本当面倒、これに尽きるんですが。

 

ある日、出張のため午後イチで空港から飛び立つことになりました。

私の住まいは神奈川は横浜あたりにあり、勤務地は池袋。

どう考えても自宅から空港に行った方が移動時間の無駄遣いもなく、効率的です。

 

そんなことで午前中はモバイルワークをすることにしました。

その旨を友人に話しているとき、「いちいち池袋に来て、すぐまた羽田に行くのは面倒」と言った私。

 

そこで友人に教えてもらいました。

「『面倒』じゃなくて『大変』って言うと感じが変わるよ」

 

なるほど確かに、「行き来するのが面倒」というより「行き来するのが大変」と言った方が、ズボラ感もなく、助けてあげたい気持ちになりますね。

 

ちょっとの言い換えでも、受け取り方・感じ方はこうも変わるんだなぁと思ったメモでした。

英語キーボードでの入力

 

キーボードつなげてLinux の環境をごにょごにょしてた時の話。

「アンダーバー(_)」を入力したくて、いつものようにShift+「アンダーバー」を押したのですが全然反応しない。

 

Linux のその環境、色々日本語にしてたんですが、キーボードが英語になっていたんですね。

英語キーボードのときは、Shift+「-」=アンダーバー(_)

 

ちなみに英語キーボードだと「¥」も打てないみたいなので、「\」を使うらしい。

夏サミに参加しました

Developers Summit 2017 Summer に参加しました。

 

7月28日10:00~18:00

御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター

 

参加セッション

  • エンジニアコミュニティを推進する企業文化
    楽天での5年間のコミュニティ活動・社内勉強会からみえてきたこと~
    楽天:川口氏
  • GitHub Enterpriseがもたらした革新をエンジニア視点から
    FFRI:押場氏、セゾン情報:原口氏、マクニカ:廣田氏
  • コミュニティ、デベロッパとの付き合い方~SendGridの場合~
    構造計画研究所:中井氏
  • コミュニティ活動がもたらす自身と会社への変革
    アールスリーインスティテュート:金春氏
  • 世界的クラウド企業がコミュニティを育てるために考えていること
    セールスフォース:岡本氏
  • LINE Bot SDKの開発とサポートから学ぶコミュニティ運営の勘所
    LINE:長谷部氏
  • モンスターストライクにおけるDevOps(SRE)の取り組み~世界累計利用者数4,000万人に至るまでの絶え間ないインフラ改善~
    ミクシィ XFLAG スタジオ:伊藤氏
  • エンジニアコミュニティの今が分かる!コミュニティLT
    たくさんの人

 

資料配布は8月7日~DL開始!

※アンケート回答者のみ

 

ちょっと今度ちゃんと書きます

 

ラズパイ起動まで

はじめに

訳あってラズパイ記事執筆中。

 

そもそもラズパイなんて、なんとなく名前聞いたことある程度なので、ちょっと勉強しながら本編書いています。

ここでは勉強のため、いろんな情報をまとめていきます。

 

ラズパイとは

ちっちゃいパソコン。

ハードディスクとかないけど、外付けでつけることは可能。

基本、なんでも外付け。

 

2年前とか、どこに行ってもラズパイラズパイしてたイメージがあります。

センサーとかといっしょに流行ってたイメージ。

 

起動への道

ラズパイにはOSが最初からないので、自分で用意する。

OSの入れ方

PC→SDディスク→ラズパイ

 

直接インストールできないんですね。

 

ラズパイOSイメージダウンロード

Raspbianを使ってる人が多いイメージ(私、イメージでしか話してないな)

Raspbian:Raspberry Piで使うDebianベースのLinux

Raspbian - Wikipedia Wikiあったんで置いておきます。

以下のダウンロードページから、OSイメージファイルをダウンロードできます。

www.raspberrypi.org

 

どうやらNOOBSっていうのもあるらしい。

www.raspberrypi.org

 

NOOBSはOSってわけじゃなくて、OSインストール用ツール?OSインストーラだそうです。

複数のOSがあって、NOOBSを使うとその中からインストールするOSを選ぶことができるらしい。

 

SD作成します!

 

OSイメージファイルをダウンロードしたら、SDカードに書き込みます。

そんな書き込み時は、

etcher.io

こういうのを使うといいらしい。(らしい)

SDカードにイメージをバーン!するやつ。(バーン‼)

 

※その前にSDカードをフォーマットしたりしてるんだけど、これはまた調べてみます

※わかったら書きます

 

Etcherで先ほどダウンロードしたOSイメージファイルを選択、バーンします。(バーン‼)

 

ファイル選択→ボタンポチーで完了まで待てばいいから、これは簡単。フラグではない。

 

ラズパイでインストー

 

SDをラズパイにセットして、ラズパイを起動します。

 

 

なんで写真がないのだ。

手元にはあるけど。面倒なのだ。

気分がよかったら今度画像つけます。

 

 

Developers.IOに参加したメモ

7月1日(土)に開催されたクラスメソッドさんのイベント「Developers.IO」に参加しました。

 

聞いたセッション

  • 基調講演
  • ランチセッション
  • クラウドネイティブなRDBMS Aurora、まだまだ進化を続けている
  • AWS Glue 概要(仮)
  • 開発環境でのDocker 活用事例と本番運用に向けて考えたこと
  • Voice User Interface の歴史を未来

 

 

目的はGlue!

 

AWS上のDataSpider という噂を聞いたので、どんなものなのか調べたのですがリリース前であんまり情報がない…。

しかもAWS Summit でのクラメソさんおみくじでGlueを引き当てるこの強運(?)

classmethod.jp

 

そんなGlueのセッションがあるってったら聞くしかないでしょ!と意気揚々とセッションルームに向かったのですが、リリース間に合わなかったのでGlueの話はしないとのこと…。

 

強運どこ行った

 

 

セッション内容がGlue概要から変わってしまいましたが、「AWSで始めるビッグデータ分析」という内容で、Glue 以外のデータ分析AWSサービスの話や、利用パターンといった、これまた興味深いお話しがされました。

 

これはこれで!

 

dev.classmethod.jp

 

こちらに資料も上がってます。

 

 

余談:私の楽しみ

 

実は私はめそ子たん大好き人間なので、物販が1番の目当てだったかも。Glueが1番!って言ったけど。めそ子が1番!!!

 

2代目可愛すぎるだろ。

う~ん、でもどっちもカワユス!しゅき!ラブ!めーそーこー!!!

 

 

はぁはぁ…

Tシャツ…これはよき…非常によき!!!

 

これからも応援してます。

 

 

余談2:Twitter始めました

 

始めました。

メモ。

twitter.com

 

なんか頑張る。

WBSというもの

WBSってよく聞くし、Report書いていると出てくる単語なんだけど、何かわからなかったのでちょっと検索しました。

でもまた忘れそうなので、書いておきます。

 

WBS:Work Breakdown Structureの略

 

これでもうなんとなくわかりました。

すげぇ、名称ってすげぇ。

 

WBSとは、作業分解図でした。

 

作業工程を書き出して、作業時間をガンチャートで示したもの。

 

WBSをちゃんと活用したことがなかったから、全然わからなかったけど。

 いつもはWBSなる「ID(作業工程を示す)」に対して作業時間を書いてただけだったり、そのほかいろいろだったり。ガンチャートは書いたことがない。

 

「作業工程」をWBSと呼ぶこともあれば、ガンチャートとセットでWBSだったりすんですね。理解。

 

っていうWBSのメモ。